愛犬と京都、伏見稲荷大社を散歩する

【愛犬とおでかけ】リードでOK!愛犬と1万基の鳥居をくぐる!

裏参道商店街(神幸道)

全国に3万社あるといわれ、老若男女を問わず親しまれている「お稲荷さん」。
その総本宮が伏見稲荷大社です。
伏見稲荷大社の祭神である稲荷大神様が、稲荷信仰の原点である稲荷山に鎮座されたのは平安遷都よりも古い奈良時代の711年(和銅4年)と言われています。
以来1300年を超える長い間、日本全国各地から広く信仰されてきました。
朱塗りの鳥居が幾重にも連なる「千本鳥居」はフォトスポットとしても有名で、近年では外国人観光客さんにも大人気ですよね。
稲荷山は標高233mあり、四季折々の豊かな自然と触れ合えてちょっとしたトレッキングが楽しめるお山でもあります。
今回は、この「神様と自然とが共存する信仰の山」伏見稲荷大社と稲荷山を散歩します。

伏見稲荷大社楼門

伏見稲荷大社楼門
1589年(天正17年)豊臣秀吉によって造営されたといわれる楼門。国の重要文化財に指定されています。
この楼門にまつわる秀吉の書状が昭和48年の解体修理の際に発見されていて、それによると秀吉の母、大政所の病気平癒を祈願した秀吉はそれが成就したことから大規模な寄進を行い、その折に造営されたとのことです。

伏見稲荷大社内拝殿

伏見稲荷大社内拝殿
楼門をくぐると外拝殿の先に石段が、そしてその上の境内地に1694年(元禄7年)造営された向拝と1961年(昭和36年)に造営された内拝殿があり、その奥に国の重要文化財である本殿を見ることができます。向拝の唐破風の下には極彩色の華やかな装飾を見ることができ、これもこの神社の魅力のひとつとなっています。
1467年(応仁元年)に始まった応仁の乱の際、稲荷山には東軍の陣があったのですが、西軍の攻撃によって当時稲荷山中にあった神社の建物を含めすべて焼き尽くされました。
その後、1499年(明応8年)に現在の地に本殿が再建されたとのことです。

稲荷山の鳥居群へ

稲荷山の鳥居群へ
いよいよ稲荷山に入っていきます。
左側に見えるのは、稲荷大神を祀る奥宮(国の重要文化財)で、天正年間(1573~1592年)に建立されました。

千本鳥居

千本鳥居
伏見稲荷大社の数ある鳥居の中で最も印象的なのが「千本鳥居」。
トリップアドバイザーによる2013年の「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で2位に、翌2014年の同調査で1位を獲得して以来、外国人観光客にも大人気の場所です。
密集して建てられている朱塗りの鳥居の間から漏れる陽の光が幻想的な雰囲気を醸し出していますね。
左右二つの参道がありますが、どちらに進んでも同じところに行き着きます。

根上りの松

根上りの松
もともと五穀豊穣のご利益があるとされていた伏見稲荷大社ですが、後に、商売繁盛、家内安全、交通安全、芸能上達の守護神としても信仰されるようになりました。
このようにどんな願いでも叶えてくれそうな伏見稲荷の境内には、いわゆるパワースポットと呼ばれる場所もいくつかあり、この「根上りの松」もそのひとつと言われています。
根上りの松には二つのご利益があると言われていて、そのひとつは、木肌を撫でて自分の腰や膝の痛むところを撫でるとその痛みが治るというもの、そしてもうひとつは「根上り」を「値上り」にかけ、株式の値が上るというものです。投資家や金融関係者に信仰され、最近では金運向上のご利益を祈念する人もいるようです。

新緑のシャワーを浴びて

新緑のシャワーを浴びて
この日は雲ひとつない快晴のお天気で、市内の最高気温も29℃ととても高かったのですが、山中では朱塗りの鳥居と鮮やかな新緑とのコントラストを楽しむことができて、暑さも少し和らぎました。
耳を澄ますまでもなく、小鳥のさえずりや谷間を流れる水音も聞こえてきて、しばし日常を忘れることができた貴重なひとときでした。

熊鷹社

熊鷹社
一般に、神社の境内にある小規模な神社のうち、その神社の祭神と縁故の深い神様を祀っているものを摂社、それ以外の神様を祀っているものを末社といいます。
この熊鷹社もその末社のひとつで、稲荷山の中腹に広がる谺ケ池(こだまがいけ)の石積みに設けられた社殿に熊鷹大神をお祀りしていて、伏見稲荷大社随一のパワースポットとも言われています。
熊鷹社の由緒書によると、「熊鷹大神」でローソクなどを供え、願い事、頼み事などのお祈りを済ませ、難切り不動尊の横、池の畔で柏手を2回打つと幸運を示す方向よりコダマが返ってきて、それが近くから返ってきたように思うと願いは早く叶い、遠くから返ってきたように思うと願い事の成就は遅くなる、とのことです。

京都市内を臨む(四ツ辻あたり)

京都市内を臨む(四ツ辻あたり)
稲荷山の中腹あたりに位置し、4つのルートが交差する四ツ辻はちょっとした広場になっていて、ベンチが置かれ茶店もあり、木立の向こうに京都市内を臨むことができます(この写真はその少し下にある展望スペースから撮影しました)。
茶店のひとつ、「仁志むら亭」さんは、俳優の西村和彦さんのご実家としても有名ですよ。
稲荷山の山中にはいくつもの茶店が点在していて、山道を登ってきた参拝者の休憩所となっているのですが、ここは眺めもよく開放感もあって、まるでオアシスのような場所ですね。

薬力社

薬力社
稲荷山中にある、伏見稲荷大社の末社のひとつ「薬力社(やくりきしゃ)」。薬力大神をお祀りし、無病息災や身体健全のご加護があるとのことです。
そのそばには「ご神水(こうずい)」と呼ばれる湧き水があり、この水で薬を飲むとよく効くと言われたり、発熱の時にこの水で頭を冷やすと熱が下がる、と言われています。また、すぐ近くには稲荷山にいくつかある行場の中でも最も山奥にある「薬力の滝」もあります。

茶店 薬力亭

茶店 薬力亭
薬力社の向かいには、独特の雰囲気をもつ茶店「薬力亭」があって、ご神水で淹れた「ご神水コーヒー」や、ご神水で茹でた「健康たまご」など、ご神水を使ったメニューが提供されています。
これまでにここは2回通りましたが、この茶店には実はまだ一度も立ち寄ってはいないんです。次回はぜひおじゃましてありがたいコーヒーをいただきたいと思っています。

山頂へ続く鳥居

山頂へ続く鳥居
鬱蒼と生い茂る木々の中、稲荷山山頂までにはこのような急な石段がいくつもあり、参拝者の多くは息を切らしながら、それでも一歩ずつ一歩ずつ登っていきます。
この日は鳥居の修理のために、何人かの職人さんが重い工具や資材をかついで山を行き、作業の準備を進めておられました。

一ノ峰(上社神蹟)

一ノ峰(上社神蹟)
ようやく稲荷山の山頂(標高233m)にある、一ノ峰に到着しました。ここには上社神蹟があり、末広大神として信仰されています。
このあたりまで登って来られる方はかなり少なくなりますが、一度は登頂してみたいですね。なお麓からここまでの所要時間は、休憩を交えて約1時間半くらいといったところですが、急な登り坂も多く案外体力を消耗しました。体力に自信のない方はあまり無理をなさらないほうがいいかも知れません。
お山にはわんこと一緒に散歩する愛犬家の姿もちらほら見かけます。
犬が入っても良い場所と入ってはいけない場所を確認し、他の参拝者に配慮をし最低限のルールやマナーを守って散歩を楽しんでくださいね。

 

伏見稲荷大社:京都市伏見区深草藪之内町
最寄駅:
JR稲荷駅 徒歩約1分(約8m)
京阪電車 伏見稲荷駅 徒歩約3分(約280m)
伏見稲荷大社のホームページへ

近くの『犬同伴OK!』のお店

LeaLea〈京都市伏見区深草直違橋225〉

JR稲荷駅から徒歩約8分のところにある、トリミングサロンです。
伏見稲荷さんに参拝された際には立ち寄ってみられたらいかがでしょうか。

ちょっと寄り道、おすすめショップ

仁志むら亭〈京都市伏見区稲荷山官有地 四ッ辻〉

稲荷山の中腹あたり、四ツ辻と呼ばれるとても眺めのいい場所にある茶店です。
ここは俳優の西村和彦さんのご実家で、現在はお兄様が経営されているとのこと。うどん、おそば、いなり寿司や甘味などで参拝者をもてなしておられます。

関連記事

  1. 伏見港公園

    愛犬と京都、伏見港公園を散歩する

  2. 伏見桃山城

    愛犬と京都、伏見桃山城を散歩する

  3. 秋の南禅寺

    愛犬と京都、紅葉の南禅寺を散歩する

  4. 南禅寺

    愛犬と京都、新緑の南禅寺を散歩する

  5. 鞍馬駅前の大天狗モニュメント

    愛犬と京都、初秋の鞍馬寺を散歩する

  6. アイキャッチ画像

    愛犬と京都、平等院を散歩する

  7. 愛犬と京都、松尾大社を散歩する